FP認定資格取得講座

AFP養成講座

AFP資格取得のメリット

(1)「FP技能士」が国家資格に
2002年4月より「ファイナンシャル・プランニング」が国の技能検定制度の対象職種となり、検定合格者には国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士(以下「FP技能士」と略)」の称号が授与されます。
AFP試験は「FP技能検定2級」の指定試験ですから、AFP試験の合格者は同時に国家資格2級FP技能士を取得することになります。
(2)キャリアの客観的な裏付けにも
独学が困難な箇所や課目ごとの受検テクニックを、集合研修形式で効率的に講義します。
「直接講義を受けて、やっと理解できた」という受講生も多く、銀行・証券・保険ほかさまざまな業種業態の企業さまから継続的にご依頼を受けています。
企画段階から関与させていただき、研修ご担当者と綿密に打合せを重ねることで、社員の方々にとって最高かつ最適なオーダーメイド型研修を提供します。
その他にも、FP継続教育研修等も行っています。
(3)確定拠出年金制度の理解にも役立つ
確定拠出年金/日本版401(k)プランは、単なる財テクではありません。加入者が最適な掛金額や資産運用方法を設定するには、現役時代の家計収支や老後の生活設計といった、ファイナンシャル・プランニングの発想が欠かせません。
このようにFP知識は、経営環境に最適な人事・給与制度の立案・推進を支える知的インフラでもあるのです。

講座内容・募集要項

(1)AFPとは
NPO(特定非営利活動)法人・日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が認定するFP普通資格です。
(2)開講課目
当講座で、日本FP協会が指定する全必修課目を受講できます。
当講座の教材は、受検指導経験豊富な講師陣が日本FP協会の認定教育機関として蓄積したノウハウを惜しみなく盛り込んで、独自に制作しています。添削課題や模擬試験などにより、実技試験対策も万全です。
学習カリキュラム
FP総論(日本FP協会編)
金融資産運用設計
不動産運用設計
ライフプランニング・リタイアメントプランニング
リスクと保険
タックスプランニング
相続・事業承継設計
提案書作成
(3)AFP資格取得までの手順
AFP資格を取得するには、まず日本FP協会の認定教育機関※1において、所定の教育基準のもとで実施される認定研修※2を受講し修了します。その後、2級FP技能検定試験に合格し、協会に登録することでAFP資格が授与されます。
AFP資格取得までの手順
※1 日本投資環境研究所は日本FP協会の認定教育機関です。
※2 本講座は日本FP協会が指定する認定研修です。
(4)受講料
57,240円(税込・送料込価格)
会社等団体で一括受講を希望される場合はご連絡ください。
(5)お問い合わせ先
株式会社日本投資環境研究所 投資教育部
TEL:03-5144-0294
FAX:03-6854-8330
電話する
〒103-0027
東京都中央区日本橋一丁目17番10号
メールによるお問い合わせ

申込方法・申込書

お申込のお手続き

  • 「AFP養成通信講座申込書」に必要事項をご記入の上、FAX送信または郵送してください。

AFP養成通信講座申込書PDFはパソコンからダウンロードしてください。

  • 受講料は下記の銀行口座に振り込み手数料をご負担の上、お振込ください。
    お振込領収書のコピーを申込書と一緒にFAX送信または郵送ください。
  • 受講料入金を確認後、テキスト等を送付させていただきます。
お振込先
コブナチョウ
みずほ銀行 小舟町支店
(普) 4239193
カ)ニッポントウシカンキョウケンキュウジョ
(株)日本投資環境研究所
(旧 みずほ証券リサーチ&コンサルティング)