スマートフォンサイト HOME へ


運用モデル紹介

運用モデル紹介 メニューページ

  • 運用会社サーチネット
  • 個人投資家向けIRセミナー
  • FP市場

運用モデル紹介

当社が独自に開発した2つのモデルの概要です。

新光株式リターンモデル

5つの財務系ファクター、2つのテクニカル系ファクターを用いたマルチファクター型のリターンモデル。

財務系ファクター
益回り、売上高株価比率、純資産株価比率、利益修正率、利益成長率
テクニカル系ファクター
短期モメンタム、ヒストリカル・アルファ

7つのファクターを合成して各個別銘柄のスコアを算出。スコアと過去のクロスセクショナルボラティリティから予想α値を推定します。主にシングルアルファ系のマーケットニュートラル型のファンドでの利用を想定しています。

均衡市場収斂モデル

『企業価値(株価)は長期的には、資本簿価と企業利益に収斂していく』との理念を前提に、資本簿価および企業利益より算出した理論株価とマーケットプライスとの乖離に収益期待があると考えます。モデルの基本理念に基づき、
企業価値(株価)=資本簿価+予想利益+銘柄固有変動値+ミスプライス
と定義。予想EPSおよびBPSから算出されるシンプルなコンセプトが特徴です。業種・規模別の様々なカテゴリーについて、上記の式に基づくミスプライスを定量的に算出。個別銘柄の予想超過収益率を推定しています。主にダブルアルファ系のマーケットニュートラル型のファンドでの利用を想定しています。


(※) English version refers to IR・SR / Institutional investor consulting and corporate governance research.

© 2017 Japan Investor Relations and Investor Support, Inc.