スマートフォンサイト HOME へ


IR・SRコンサルティング

IR・SRコンサルティング メニューページ
包括コンサルティング
株価形成分析
企業価値算定
パーセプション・スタディー
機関投資家株主判明調査
株主総会に関する支援プログラム
ガバナンス・セミナー
運用会社サーチネット

  • 運用会社サーチネット
  • 個人投資家向けIRセミナー
  • FP市場

経験豊かなコンサルタント、プライマリーアナリストがお客さまの課題に対してソリューションを提供いたします。

包括コンサルティング

貴社のIR活動をトータル・サポートします。
年間のIR活動スケジュールの中で、現状把握からIR戦略を策定、イベントやツールなどプログラムの選定と実践を支援し、実施後の効果測定と経営へのフィードバックまで、貴社の企業価値向上につながる包括的なコンサルティングと支援機能を提供します。

株価形成分析

貴社株価がどういった要因によって変動しているかを分析し、その要因を体系的に明らかにします。

企業価値算定

貴社の理論上の企業価値及び適正株価水準を算定することにより、市場において形成されている株価とのギャップ(=割安性)を認識することが可能となります。
主に、(1)DCF(Discounted Cash Flow)モデルと、(2)ピア企業比較モデルを用いて企業価値及び適正株価水準を算定します。

パーセプション・スタディー

単に投資家・株主からのヒアリングをまとめるだけでは、一種の“世論調査”となってしまいます。各種投資家・株主における認識や期待を類型化し、さらにそのエッセンスを抽出したえで、貴社と投資家・株主の認識ギャップを埋める方法、すなわちIR的情報発信のチャネルや内容についてのコンサルティングを行ないます。

機関投資家株主判明調査

実態がつかみにくい外国人投資家や国内機関投資家の株式所有状況を明らかにし、独自の分析を加えることで効果的なIR活動をアドバイスいたします。
日本投資環境研究所の手掛ける株主判明調査(実質株主調査)は、単に判明した機関投資家名・保有株数のご報告にとどまるとは限りません。貴社のご要望に応じて、判明した機関投資家の属性分析や資本市場のトレンド、貴社の株価特性などを踏まえたうえで、今後展開すべき機関投資家向けIR活動についてのアドバイスから議決権行使に関する分析やアドバイスまでを含んだトータルなコンサルティングをご提供します。

株主総会に関する支援プログラム

機関投資家による議決権行使について、株主総会前の準備期間から総会後の議決権行使結果分析に至るまで、包括的なサービスを提供いたします。

ガバナンス・セミナー

過去に当社が主催したセミナーの概要をご紹介いたします。
日本投資環研究所では、当社クライアント様向けに定期的にガバナンス・セミナーを実施しております。
議決権行使助言会社をお招きして、行使助言方針やその変更点、機関投資家の考え方、最新のコーポレートガバナンス事情等についてご講演いただいております。

運用会社サーチネット

日本投資環境研究所が提供する運用会社プロフィール情報のデータベースです。
国内外を問わず、機関投資家の詳細なプロフィール情報をWeb上で確認できます。会社概要だけでなく、運用の哲学やプロセス、投資スタイル、議決権行使情報も掲載しておりますので、戦略的IR活動にお役立ていただけます。



(※) English version refers to IR・SR / Institutional investor consulting and corporate governance research.

© 2017 Japan Investor Relations and Investor Support, Inc.