すぐれた企業と投資家づくりを支援し、健全で効率的な資本市場の実現に貢献する

株式会社日本投資環境研究所は「すぐれた企業と投資家づくりを支援し、健全で効率的な資本市場の実現に貢献すること」を企業理念としています。

また、その実現のために、以下のような行動指針を掲げています。

(1)お客さま第一主義の徹底を図ります

(2)金融の専門家集団としての総合力を最大限に発揮、社会に貢献します

(3)法と倫理を遵守し行動します

当社は、証券アナリストやクオンツアナリスト、ファンドマネージャー経験者などマーケットに精通した人材に加え、株式公開の実務家、コーポレート・ガバナンスの研修者やファイナンシャルプランナー教育の講師陣、そして税理士や中小企業診断士、社会保険労務士などの資格を有した社員など多彩で高度な幅広い人材を擁しています。また、海外の様々な調査機関やコンサルティング会社とネットワークを構築しており、お客さまの様々な課題に対して、豊富なリソースを活かしてソリューションを提供できる体制となっています。

コンサルティング・調査事業とエデュケーション事業を柱としたビジネスを展開

企業の成長ステージに合わせたコンサルティングやコーポレート・ガバナンス等の調査・研究、業界分析(コンサルティング・調査事業)、金融機関の人材育成に係る資格取得支援や投資教育、投資理論の研究・実践(エデュケーション事業)に至るまで、幅広くかつ高付加価値なサービスを提供しています。

これらを通じて企業・機関投資家・個人投資家・金融機関・みずほグループをサポートし、健全で効率的な資本市場の発展に貢献します。